実践!障害(障がい)やハンディをお持ちの方の婚活・結婚の法則

障害(障がい)、ハンディがあっても結婚したい!結婚できる!? 自身もうつ病歴があり、婚活で見事結婚した結婚相談所スタッフがその方策を語ります!

うつ病当事者の結婚相談所仲人です! 障害(障がい)や病気で結婚をあきらめないでください!

みなさまはじめまして。

この度、「結婚相談NPO ブライダルサポーター」で、障害者(障がい者)や持病、ハンディのある方の婚活を担当することになりましたマツケンと申します。

 

障害者(障がい者)、あるいは持病やハンディをお持ちの方の結婚は、婚活隆盛となっている現在も、出会いも婚活の機会自体も少なく、チャンスがないため、結婚したくても相手が見つからない、結婚できないという現状があります。

 

結婚相談NPOでは、結婚したい障害者(障がい者)の方やハンディのある方向けに「パラプラン」というコースを用意し、他社よりも廉価で婚活の機会を提供するお手伝いをさせていただいております。

bridal-npo.org

 

当結婚相談所では、「IBJ(日本結婚相談所連盟)」という、63000名以上の会員(結婚したい人)が会員の、国内最大級の結婚相談所グループに加盟しております。

男女60000名を超える会員様、および独自のネットワークにより、障害(障がい)やハンディをお持ちの方の出会い、成婚のお手伝いをさせていただいております障害(障がい)等のない方の入会も大歓迎です)。

 

障害者雇用で働いている方、障害年金を受給している方、持病により行動が制限される方などは、通常の婚活ではなかなかお相手を見つけることが難しく、結婚して夫婦家族で協力して生きていくことが大切な方が結婚できない、というジレンマに陥っています。

当結婚相談所では、「支えあえる関係」「障害、障がいや持病があっても大丈夫」という方との結婚をサポートし、人生のQOL(クオリティオブライフ)の向上と、豊かで幸せな人生の門出を実現されるよう、お世話をさせていただきます。

 

ぜひとも一度、パラプランをご検討していただければと思います。

bridal-npo.org

※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に書き添えてください。


そして、当結婚相談所最大の特徴は、私マツケン自身が

  1. うつ病を10年前に患い
  2. 退職を余儀なくされ、数年療養、その後再就職後の低収入の中で
  3. IBJの結婚相談所で相手を見つけて結婚した

という「障害者(障がい者)婚活の1つの成功例」だということです。

 

数年なにもできず臥せていた人間が、結婚相談所で婚活して結婚できたという例がここにあり、みなさまにおかれましても、行動を起こせば可能性はゼロではない、むしろしっかりとした戦略、戦術を持てば、十分に可能性があります。

 

高収入でいい企業に勤めていても、結婚したくてもできない人は多いのですが、婚活は戦略、戦術と適切なターゲット選定がかみ合えば、障害(障がい)や持病、収入が低くても何とかなる部分があります。

だから、あきらめないでください!

 

私はうつ病になる以前も、「いない歴=年齢」の「非モテ」「ダメンズ」でした。しかし、病気で大きく自分自身の婚活上の価値を落としても、素晴らしい人とめぐりり会えました。

条件が悪すぎる私でも、もったいないくらい素晴らしい方と出会えたのが結婚相談所です。だから、あきらめる前に一度行動してみましょう。結婚すれば幸せになれます!

 

今後も私の経験や婚活で体験したこと、アドバイス、婚活データなどをアップしていきます。よろしくお願いします!

 

 結婚相談NPOの「パラプラン」説明はこちら

bridal-npo.org

※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に付記してください。

半年間の人工肛門生活から婚活を考えるきっかけを提供します

ご無沙汰しています、マツケンです。

うつ病とは関係ない話になりますが、実は今年、大腸(S状結腸)に穴が開き、緊急手術をして半年間人工肛門生活を送っていました。

人工肛門を戻す手術をして、先週無事退院、ようやく普通にトイレが使えるようになりました。
 
一時的ではありますが、うつ病による精神障害に加えて、身体障害3級~4級相当のハンディを半年間背負って生活しました。婚活をしていたらかなり大変になるので、そのあたりを振り返ってみたいと思います。
 
 
※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に付記してください。
 

f:id:parakonkatsu:20191123222101p:plain

このイラスト、トイレで見たことはありませんか?

私が罹った大腸(S状結腸)憩室穿孔と人工肛門

5月の連休明け、突然の腹痛と吐き気、38度超の発熱に襲われた私は、大きめのクリニックでレントゲンと血液検査を行いました。
 
「大変です。腸が動いていません。総合病院へ紹介状を書くのですぐ向かってください」
 
総合病院へ行くと、すぐにCTを撮ります。内科を受診したはずなのに外科に呼ばれます。
 
「腸に穴が開いて中のものが体内に出て腹膜炎を起こしています。緊急手術をしないと死にます
 
90%の確率で人工肛門になります。と言っても一時的なもので、半年後もとに戻します。ともかく今は破れた腸を修復しないと・・」
 
青天の霹靂、心構えができる前に、その1時間後、手術台にいて、意識を失い、激痛とともに目覚めました。お腹には何かがくっついています(人工肛門=ストマ用のパウチ)。
 
妻が緊急にもかかわらず色々用意してくれて助かりました。1人だったらもう何も用意できませんでした。結婚していて本当によかったと思いました。この人でよかった・・。
 
入院生活は2週間で、後半はストマのケア、要はお腹から出てくる便の処理の仕方と、ストマパウチ(便を受け止める袋)のつけ方、外し方を叩き込まれます。
 
そこから半年間、自分の意志と関係なくお腹から便が出てくる生活をすることになってしまいました。
 
私の腸にはあちこちに憩室(ポケットのようなもの)があり、そこが炎症を起こすと虫垂炎(盲腸)のようになるリスクがあります。盲腸は1回取れば終わりですが、腸の憩室は無数にあり、また同じことになるリスクを持ちながら、今後も生活していくことになります。
 

身体障害者3級~4級レベルのハンディを負う

人工肛門(ストマ)を造設した人は、日常生活に不便を追うわけで、永久的ストマ(肛門を閉鎖した人)を造設した場合、身体障害者手帳3級ないし4級を取得でき、障害年金を受給できるケースもあるようです。
 
ただ、私の場合、一時的ストマなので、身体障害者手帳を取得することはできませんでしたが、うつ病による精神障害と身体障害(相当)のハイブリット状態になりました。
 
身体障害者手帳があればストマ装具(パウチなど)には自治体から補助が出るのですが、私の場合手帳がないのですべて実費になりました。半年で5万円弱でしたので、なかなか馬鹿にならない出費です。
 

ストマ用トイレはかなり少ない

人工肛門(ストマ)をつけてわかったのですが、パウチに溜まった便を捨てるのはなかなか大変です。和式トイレでは実質不可能で、洋式トイレでも、床にひざまづいて、手袋をして袋から絞り出し、その後入り口を拭きとって・・という工程があります。
 
車いす用のトイレの一部に、洗面台とは別の流しのようなものがあるのに気づいた人はいるでしょうか?あれがストマ用のトイレで、立ったまま中の物を捨てられ、シャワー(温水)で洗い流すことができます。パウチ内部もきれいになり衛生的なのですが、如何せん数が少ないです。
 
駅のトイレとあとは大きい商業施設くらいしかありません。
 

婚活における不自由を考える

もし、私と同じ状況で一時的にせよ人工肛門生活に入っている人が婚活を行う場合、様々な困難が生じるはずです。
 

1.病歴として書かなければならない

ストマを閉鎖してもお腹にはストマ跡、及び手術の跡が残ります。私の場合、20㎝切られていて一生消えることはないでしょう。例え、治癒しても手術歴を隠すことはできません。盲腸くらいならばマイナスにならないでしょうが、さすがにこれは引いてしまう人もいます。
もちろん、憩室炎が再発することもあり、健康面でのリスクになります。
 

2.お見合い中、デート中に出てくる可能性も

ストマは自分の意思で動かすことはできず、不随意運動になるので、勝手に便が出てきてしまいます。ガスもコントロールできず、いきなり「ブオォ」と音が出ます。
お見合い中、デート中のこれらの現象は自分の意思ではどうすることもできません。お話をしているときに、お腹がいきなり膨れ上がって便が出てくる、ということは十分にあり得ます。
 

3.婚活の中断、交際中ならどうする!?

妻とIBJで知り合った私ですが、もし緊急手術が交際中だとしたら、妻はそのまま交際を継続してくれたでしょうか?半月間の入院中はデートもできませんし、連絡も取れないかもしれません。
 

婚活は早い方がよい!リスクヘッジのためにも結婚相談所がおすすめである

私が婚活するのが3年遅ければ、婚活と今回の手術のタイミングがかぶってしまいました。情がわかないうちに相手が病気になれば、お見舞いに来てくれるどころかそこで交際終了です。
 
健康なうちに婚活をしないと、取り返しがつかなくなります。今回、妻は私のためにいろいろしてくれました。
 
「これが交際中、しかも仮交際中だったら?」
「1回くらいしか会っていない状態だったら続いていたかどうか・・・。早めに出会えてよかったよ」
 
やはり、早めに婚活してよかったです。
 
療養中の方以外は、年齢的評価(若い方が人気)だけではなく、病気へかかりやすくなる、「持病リスク」もあるので、若いうちに動いた方がいいです。今回は本当に数年遅かったら・・と振り返ってしまいました。病気になって婚活するより、健康なうちに動くべきで、持病や障害をお持ちの方も早めに行動して、年齢(若さ)を武器にすべきです。
 
婚活アプリや婚活パーティーの場合、何かあったとき(病気に限らず事故とか)、連絡が取れず交際終了となってしまうことがあります。結婚相談所ならば、もし私が婚活していた当時、あのようなことが起きても、相手方結婚相談所などへ連絡を取り、しかるべき対応を取ってくれたと思います。
 
というわけで、精神疾患以外の持病を持っている方、身体障害(障がい)をお持ちの方も、ともかくなるべく早く婚活した方がいいです
 
また、健康な方も、いつ私のように腸に穴が開くかわかりません。ある日突然倒れることもあります(そのリスクは加齢とともに高くなります)。まったく健康そのものだった私の友人も、先日心筋梗塞で運ばれました(手術の結果無事でした!)。そうなる前に婚活をしないと、大きく条件が悪化して結婚しようにもできないことになりかねません。
 
というわけで、精神疾患だけではなく、身体のハンディも経験したので、よりみなさんのお力になれるはずです。遠慮なく私に聞いてください!
 
 
※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に付記してください。

人生初お見合い時の苦い教訓~初回お見合いは1時間で切り上げる重要性

こんにちは、マツケンです。

今回は私自身の婚活を振り返ってみたいと思います。今思い返すと、ダメな点ばかりで、「これはうまくいかないわ・・・」というものばかりでした。

まず、婚活歴ですが

2008年 2月本格的に開始
    ・家と家とのお見合い
    ・結婚相談所(IBJではない某社と自治体の結婚相談所)
    ・ネット婚活(当時スマホはないのでPCの婚活サイト)

この3つを掛け持ちしておりました。

2009年 夏にうつ病になり婚活が難しくなる

今回はそのうち最初の「家と家とのお見合い」初回の振り返りです。なお、うつ病になったのが2009年なので、この時はまだ心身健康な体で婚活上のスペックはそこそこ高かった(28歳年収510万円)はずです。

f:id:parakonkatsu:20190729151753j:plain

マツケンの人生初お見合いはここ帝国ホテルでやりました

 

bridal-npo.org

※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に付記してください。

 

いろいろあって祖母に縁談を依頼する

まったくもってモテなかった当時の私は、お見合いパーティーなどに出ていたものの轟沈ばかりで、いろいろ考えて、恋愛→結婚はあきらめ、20代でそこそこのスペックで婚活し、縁を見つけようと、「婚活」に振り切ることにしました。

 

まず、両親に「このままだと結婚できない。もう恋愛はあきらめるから縁談を探してきてくれ」と泣きながらお願いしました。

 

「本当にそれでいいのか?まだ20代だし、出会いはあるのでは?」

「もうない、無理なのはあなたたちがわかっているはず。なぜ昔の人はお見合いで結婚できたのだ。コミュ障やアスペだって結婚できた。今の方が不条理じゃないか!俺は恋愛弱者なんだ、こう育てた責任を取ってもらう」

 

半ば脅しのように両親に「縁談を持ってこい」と圧力をかけます。両親はしぶしぶ知り合いを当たることになりますが、なんと祖母のいとこが「お見合いおばさん」をやっていることが判明します。

 

その祖母のいとこTさんは山口県在住で、北九州在住の友人Hさんと組んで、中高年で結婚できない人たちの縁談の世話を生業としています。半分それで生活しているようなもので、21世紀にも昔ながらの「お見合いおばさん」は存在していました。

 

祖母から話をし、私の身上書を送ると

肩書、学歴と年収はいいじゃない。これなら就職の世話だってできたのに・・・

 

日本史上最悪の新卒就職率だった2003年4月入社が私なのですが、あんな思いをしなくても、「特別パス」があったようです(笑)。

結婚の世話をしているだけに顔は広く、彼女たちのおかげで結婚できた大企業のモテない男女が偉くなり、相応のコネを築いていたのでした。

 

家と家との「お見合い」が婚活最高のルートです

結婚相談所の仲人になった今、そういうことを言うのもなんですが、昔ながらの「家と家とのお見合い」ができるコネがあるならば、それが最も可能性が高い婚活になります。

 

家族や親戚に縁談がないか、あるいはTさんHさんのように「お見合いおばさん」(お見合いおじさん)がいないか、まず探してください。

 

今から50年前の「生涯独身率」が2%とか3%だったのは、社会構造もありますが、こういう人が縁談のお世話をしてくれたことが大きいのです。自分の両親や祖父母を見ると、今の時代の婚活で結婚できていたのか疑問です。

だから、結婚相談所の前に、あるいは結婚相談所と並行して、家と家とのお見合いができないか、家族親族を当たってください。ある程度外堀が埋められた状態でお見合いするので、一般的な婚活のように「面接して簡単に切る」ということがありません。

 

失礼な態度を取れば仲人や双方の家族親族に迷惑をかけます。そういう日本的な圧力を利用します。

で、TさんとHさんは、さっそく1名の女性を紹介してくれました。

 

人生初お見合いは帝国ホテルの「アクア」

お見合いした女性は私より2歳年下の26歳でした。写真を見ても「まぁ普通かな」(どの口がこんなことを・・)という印象で、今思えば結構かわいかったです。

 

お見合いおばさんの方針で、お見合い場所の予約や本人への連絡も私が行います。本来のお見合いであれば仲人が行うのですが、この人たちの鍛え方はこうするのでした。

 

場所はベタに帝国ホテルにして、予約ができる最上階の「バーラウンジ インペリアルラウンジ アクア」にしました。ちなみに、ここはIBJのお見合いでもよく使われます。

 

事前に下見をして当日の待ち合わせからエスコート、アクアまでの導線をシミュレーションします。また、付け届けお菓子の詰め合わせ(5000円くらい)を買います。当日、先方は最初だけお母様が同席するので、ここでポイントを稼ごうという算段です。

 

お母様にあいさつしたのち、事前のシミュレーション通りアクアへ向かいます。

 

しかし・・・、全然会話ができません。キャッチボールができない自分に情けなくなります。本当はここを掘り下げるべきなのですが、当時の記憶がありません。相手を上座に座らせたのは確かだと思います(のでここは間違っていない)。

 

1時間30分くらい経過したところで、私は思いもよらぬ行動に出ます。

 

「この後、近くの『相田みつを美術館』へ行きましょう」

 

帝国ホテル近くの国際フォーラムには(今も)「人間だもの」の『相田みつを美術館』があります。

生まれてこの方「デート」をしたことがなかった私は、どうしても女性とデートスポットに行って一緒に歩きたかったんです。

 

これはお見合い時の絶対ダメな行動です。初回、知らない人と神経を使って話した後に、美術館へ行くというのはダメです。美術館内で談笑するわけにもいきませんし、知らない人と長時間歩くというのは苦痛以外の何物でもありません。

 

※交際がはじまってから「相田みつを美術館」へ行くのは問題ありません。ぜひ候補の1つにしてみてください。

 

IBJのお見合いでも1時間くらいで切り上げて・・というのは、ストレスや緊張感でボロが出ないよう、悪印象が出ないようにする配慮でもあるんですね。

無言の美術館での時間を共有しても、彼女にとっては何のプラスにもならず、苦痛だけだったはずです。

 

「二度と会いたくない!」そんなに傷つけたか!?

会話は続かなかったものの、自分の当時のスペックからして、断られるはずがないと慢心していました。

 

お見合い後、そのまま友人と合流して、お見合いについて講釈を垂れる始末です。本当に情けなくて、今思えば恥ずかしすぎます・・・。

 

私は意気揚々と「OK」の返事をお見合いおばさんに出します。すると・・

 

「いや、向こうからお断りがあったのよ。『二度と会いたくない』と言っている。何かしたの?触ったとか・・

 

「いや、何もしていないです。紳士そのものの対応です」

 

向こうのお母様は、お菓子で買収(?)したこともあり「もう1回くらい会ってみてもいいんじゃない?」となだめてくれて

いたようですが「もう嫌!」と彼女の意思は固く人生初お見合いは失敗しました。

 

セクハラ的言動も行動もなかったのに、「お見合いでも自分はダメなのか・・」と泣きました。

 

ここから、婚活にすべてを捧げた婚活第一期1年ちょっとが始まりました。

 

最初のお見合いから学んだこと

正直、婚活をなめていて、自分の年齢、年収、学歴なら何とかなると思っていました。しかし、両親の時代とは違い、完全に外堀を埋めてくれることはなく、相手がバッサリ断る権利があるということです。

 

これはIBJでもそうで、いくら高年収ハイスぺ男性でも簡単に切られてしまいます。お断りはボタン1つなんで、本当に気軽です。ハイスペだから結婚できる世界ではなくなっています。家と家とのお見合いですらそうなのですから、結婚相談所はあくまで婚活の中では(婚活アプリや婚活パーティーと比較して)、結婚できる可能性が相対的にマシ、くらいの感覚でいてください。

 

また、IBJルールでは、お見合い1時間で別れますが、この時私がとったように、相手を美術館へ連れて行く、みたいなことを避ければ、つまり、ある程度戦略を持てば相手の減点を避けることができます。

 

お見合い初回は加点をしようとすると失敗します、いかに減点を避けるかに注力した方がいいです。

 

「この人にまた会いたい!」

となればいいのですが、せいぜい1時間で相手を虜にできる人は、婚活をしなくても大丈夫な人のように思えます。

 

「もう一度会ってもいい」

これを目指しましょう。

 

このためには、緊張が途切れてボロが出たり会話が止まったりする1時間を目安に切り上げることが、重要なリスクヘッジになるのです。

 

この時の手痛い失敗にもめげず、結婚相談所、婚活サイトとフルスロットルで婚活をしていくことになります。

 

ともかく、あの時に会ってくれた女性には感謝しかありません。きつかっただろうに・・・。本当、未熟ですみませんでした!

 

bridal-npo.org

 

※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に付記してください。