実践!障害(障がい)やハンディをお持ちの方の婚活・結婚の法則

障害(障がい)、ハンディがあっても結婚したい!結婚できる!? 自身もうつ病歴があり、婚活で見事結婚した結婚相談所スタッフがその方策を語ります!

うつ病当事者の結婚相談所仲人です! 障害(障がい)や病気で結婚をあきらめないでください!

みなさまはじめまして。

この度、「結婚相談NPO ブライダルサポーター」で、障害者(障がい者)や持病、ハンディのある方の婚活を担当することになりましたマツケンと申します。

 

障害者(障がい者)、あるいは持病やハンディをお持ちの方の結婚は、婚活隆盛となっている現在も、出会いも婚活の機会自体も少なく、チャンスがないため、結婚したくても相手が見つからない、結婚できないという現状があります。

 

結婚相談NPOでは、結婚したい障害者(障がい者)の方やハンディのある方向けに「パラプラン」というコースを用意し、他社よりも廉価で婚活の機会を提供するお手伝いをさせていただいております。

bridal-npo.org

 

当結婚相談所では、「IBJ(日本結婚相談所連盟)」という、63000名以上の会員(結婚したい人)が会員の、国内最大級の結婚相談所グループに加盟しております。

男女60000名を超える会員様、および独自のネットワークにより、障害(障がい)やハンディをお持ちの方の出会い、成婚のお手伝いをさせていただいております障害(障がい)等のない方の入会も大歓迎です)。

 

障害者雇用で働いている方、障害年金を受給している方、持病により行動が制限される方などは、通常の婚活ではなかなかお相手を見つけることが難しく、結婚して夫婦家族で協力して生きていくことが大切な方が結婚できない、というジレンマに陥っています。

当結婚相談所では、「支えあえる関係」「障害、障がいや持病があっても大丈夫」という方との結婚をサポートし、人生のQOL(クオリティオブライフ)の向上と、豊かで幸せな人生の門出を実現されるよう、お世話をさせていただきます。

 

ぜひとも一度、パラプランをご検討していただければと思います。

bridal-npo.org

※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に書き添えてください。


そして、当結婚相談所最大の特徴は、私マツケン自身が

  1. うつ病を10年前に患い
  2. 退職を余儀なくされ、数年療養、その後再就職後の低収入の中で
  3. IBJの結婚相談所で相手を見つけて結婚した

という「障害者(障がい者)婚活の1つの成功例」だということです。

 

数年なにもできず臥せていた人間が、結婚相談所で婚活して結婚できたという例がここにあり、みなさまにおかれましても、行動を起こせば可能性はゼロではない、むしろしっかりとした戦略、戦術を持てば、十分に可能性があります。

 

高収入でいい企業に勤めていても、結婚したくてもできない人は多いのですが、婚活は戦略、戦術と適切なターゲット選定がかみ合えば、障害(障がい)や持病、収入が低くても何とかなる部分があります。

だから、あきらめないでください!

 

私はうつ病になる以前も、「いない歴=年齢」の「非モテ」「ダメンズ」でした。しかし、病気で大きく自分自身の婚活上の価値を落としても、素晴らしい人とめぐりり会えました。

条件が悪すぎる私でも、もったいないくらい素晴らしい方と出会えたのが結婚相談所です。だから、あきらめる前に一度行動してみましょう。結婚すれば幸せになれます!

 

今後も私の経験や婚活で体験したこと、アドバイス、婚活データなどをアップしていきます。よろしくお願いします!

 

 結婚相談NPOの「パラプラン」説明はこちら

bridal-npo.org

※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に付記してください。

婚活における同性は敵ではない!むしろ味方にするのが重要な理由!

こんにちは、マツケンです。婚活を行う上で同性は異性を攻略するうえでライバルであり敵、したがって、彼らよりも自分が有利にならないといけない!と考える人も多いかもしれません。しかし、必ずしもそうではないという考え方もあります。むしろ、同性の「婚活仲間」を作っておくことで様々な情報が手に入り、結婚へ近づくこともできます。

なぜそうなるのか、ここで解説していきたいと思います。これは必見です!

f:id:parakonkatsu:20201020223305j:plain

婚活に「友人」「戦友」というのは意外とありかもしれません

婚活の場における同性と会う可能性はある?

そもそも、お見合いや結婚相談所の紹介などでは、同性と顔を合わせることはありません。異性の紹介だけが行われますので、同性の人で同じように婚活している人がどこの誰なのか知るすべがありません。

IBJシステムでも同性は検索できません。条件検索で出るのは異性のみです。

ところが「婚活パーティ」や「婚活セミナー」などでは同性とも顔を合わせることがあります(IBJではない他社主催のパーティー含む)。その場合、一義的には彼ら、彼女らはライバルであり、比較して優位に立ち、異性とカップリングする必要があります。

大前提として、こうした場で自分がカップリングして異性と後日の1対1のお見合いや連絡先交換を優先させることは言うまでもありません。しかし、なかなか全ての参加者がカップリングできないのも事実です。せっかく高いお金を払って時間を割いて参加したのに、戦果ゼロではむなしいです。

そこで、そうした時に同性と「反省会」「2次会」を提案してみましょう。

 

同性と話すことの重要性

IBJの婚活パーティーの場合、結果は後日(早くてその日の夜)に知らされることになり、その場でカップリングは判明しません。しかし、その場でカップルが判明する他社の婚活パーティーもあります。

そこでうまくいかなかった人達はそのまま帰ることになりますが、ここで勇気を出して「反省会しませんか」と同性だけの2次会を提案してみましょう。これが本当に効果的なんです。

婚活の場で同性と会話することはあまりありません。パーティに通っている、結婚相談所に入って活動しているということは、友人や会社の人であってもなかなか話せない場合が多いと思います。

でも、この場で声をかけた同性は、みんな婚活をしている仲間であります。普段話せないような婚活の愚痴や結婚相談所のシステム、過去の婚活体験など話したい人も多いはずです。

婚活の主催者のほうで同性の情報を公開することはありませんが、同性同士で集まり連絡先を交換したり情報交換したりすることを禁じているわけではありません。ここを上手に活用します。

同性と反省会をして交流を深めることで、以下のようなことを聞くことができます。

・婚活の方法
・過去にあったトラブル
・どこまで進んだことがあるのか
・どの段階で何をすれば良いのか


など。これは、婚活という価値観を共有している人にしか話せませんし、理解もしてもらえないことです。でも、体験者だからこそわかることもあります。

訳が分からない中で婚活をしていっても、成功事例も失敗事例もわからないのですから、時間とお金を浪費してしまうだけです。

でも、同性同士であれば同じ婚活を行っている「戦友」として色々なことを共有し、力になってくれるはずです。

そもそも、その場で会った同性が同じ異性を好きになりアプローチをかけるという可能性は非常に低く、利害関係はほとんど絡まないと言って良いでしょう(2次会になった段階でそのパーティではみんなダメだったわけですし)。

それぞれ好みの異性のタイプも違います。ですから、競合しないのです。競合せず、お互いに婚活仲間になれば色々な面で支え合うことができます。

 

同性の友人がもたらす恩恵

それぞれ婚活のスタイルは異なります。パーティに行きまくっている人もいるかもしれませんし、結婚相談所を中心に活動している人もあるかもしれません。違う婚活をしている中では、それぞれのメリット、デメリットがあり当事者から聞く機会はほとんどありません。そうしたことを臆せず聞くことができるのが同性の婚活仲間の強みです。

例えば、以下のような例があります。

 

結婚相談所でも活動方法を知らなかった

これは私がうつ病になる前、20代に某社(not IBJ)で婚活していた時のお話しです。

2次会で話したAさん(男性)は、結婚相談所を中心に婚活していましたが、入会してから1年間誰一人として異性と会うことができていませんでした。確かに、すごくかっこいいかというとそうでもないのですが、全ての女性から断られるとは思いません。

ではなぜ1人とも会うことができなかったのか。通常、結婚相談所では「女性→男性」よりも「男性→女性」の申し込み数のほうが圧倒的に多いです。

ところがこの男性は、自分から申し込むことを一切せず、女性から申し込まれるのを待っていたそうです。あまりモテそうな外見をしているわけではないので、女性からの申し込みはなく1年間無駄にお金だけを払い続けていたとのことです。

こういうことは結婚相談所の人(IBJではない他社)は教えてくれなかったようで、2次会で同性と婚活状況を話し合った中で「これはおかしい」と指摘されて気づきました。その中では、上手な申し込み方などもアドバイスしてもらえたそうです。

 

同性の婚活仲間と開いた合コンで結婚相手をゲット!

もう1つ、婚活仲間の同性と親しくなっていくうちに、プライベートでも仲良くなりました。Cさんはプライベートでは出会いがなくパーティに行くもうまくいかず悩んでいたのですが、同性のDさんと2次会で知り合い仲良くなったことで、その環境にいついて同情されました。

ある時Dさんが合コンに呼ばれたのですが、急に人数が合わす、困ってCさんを呼びました。結果として、Cさんのほうがここで後に結婚相手となる人と知り合い、交際へと発展しました。

婚活の場で知り合った人と、別の婚活に参加してはいけないという決まりはありませんので、非常に横のつながりが生きたパターンになります。

 

<婚活で同性の友人を見つけることのメリット まとめ>

  • 婚活していることを隠すことなく本音を打ち明けられる
  • 自分が知らない婚活の方法について知ることができる
  • 婚活の進め方が間違っている場合指摘してもらえる
  • 別の出会いの機会を提供してくれることがある
  • 同じ人を好きになることはまずないのでライバルには結局ならない

同性と仲良くなることは悪いことはなさそうですがいかがでしょうか?

 

ただし婚活、相手のほうが成婚することもあり

愚痴を言い合える中になることは良いことですが、皆婚活をしている身です。中にはいち早く相手を見つけて結婚というゴールに到達する人も出てくるでしょうし、そうあるべきです。仲良しサークルではないからです。

その場合「なんであいつなんかが結婚できるんだ!」と嫉妬せず、素直にお祝いしてあげましょう。その仲間は結婚すれば心に余裕ができるはずなので、本当に仲良くなっているのであればこれまで以上に、あなたの結婚に対して協力してくれるはずです。

そこまでの関係を構築できるのか、あなたのスキルが対異性と同様に問われることになりますし、そうしたことに嫉妬するのが嫌なのであれば深入りせず、情報交換だけにとどめるというのも1つだと思います。

婚活は「結婚できた人」が勝者です。持てるツテは全部活用して、色々な関係を作っていくのも結婚へのカギとなります。意外な方法ですが、こうした同性と仲良くなるのもOKだということがお分かりいただけたのではと思います。

 

結婚相談NPOの「婚活者交流SNS ゆいむす(β)」で同性とも交流可能!

 

結婚相談NPOでは「婚活者交流SNS ゆいむす(β)」というSNSを開設し、婚活当事者が交流できるシステムを作っています。

 

bridal-npo.org

 

「婚活者交流SNS ゆいむす(β)」への参加は、無料の「結と結会員」にご登録いただく必要があります。これはIBJの会員になるのとは関係なく、「結と結会員」のみに登録することもできます。

 

もちろん、結婚相談NPOでIBJ会員として活動している方も参加大歓迎です。婚活当事者同士の交流というのは意外と難しく、情報や悩みを共有することで救われる面が大きいです。今までご自身が知らなかった気付きもそこにはあるかもしれず、ぜひとも積極的に活用していただければと思います。

 

 

bridal-npo.org

 

※「マツケンのブログを見た」と「お問い合わせ内容」に付記してください。

 

 

 

 

婚活における重要イベント「誕生日」を活かそう

こんにちは、マツケンです。

今日は婚活における「誕生日」の活かし方についてお話ししようと思います。恋愛ゲームでも誕生日イベントは、相手を攻略する重要なポイントであり、うまくいくと好感度を大きく高めて成婚に近づきます。ただ、どのステップで相手の誕生日があるのかで対応は変わってきます。これを間違えると、むしろマイナス点になってしまうので注意してください。

 

 

f:id:parakonkatsu:20200901170456j:plain

重要な好感度アップイベントの誕生日!何を贈るべきでしょうか?

 

まず相手の誕生日を確認しましょう

 

IBJなどの結婚相談所の場合、おそらく「誕生日月」までしかわからないと思います。お見合い時に誕生日(○月○日)を聞くのはNG.交際成立後、誕生日月はわかっているはずなので、どこかで「そういえばもうじき誕生日だと思いますが何日ですか?」と聞いてください。

ちなみに、IBJのオプション「IBJSプレミアムパック」を利用すれば100日先までの誕生日は分かります(補足)。デフォルトでも誕生月はわかるので、交際成立後、誕生日を聞くのも経験値になるので、そこはお任せします。

 

マッチングアプリの場合「○月○日」までプロフィール画面に登録されているかもしれません。これならわざわざ聞かなくても大丈夫です。

 

誕生日は狙って交際中に当たるものではありません。気に入っている人の誕生日が近くにあるなら「ラッキー」くらいの感覚でいてください。

 

誕生日を確認したら、その日、ないし前後の土日くらいでデートの約束を取り付けましょう。断られる場合は、並行交際している可能性があり、本命は別にいるのかもしれません。

 

(仮)交際中の誕生日には「消え物」を渡しましょう

 

真剣交際に至る前、いわゆる「仮交際」の段階は恋人未満の関係です。この段階で、貴金属やアクセサリー、高いバッグなどを贈るのはNG、やめてください。

 

なぜなら、恋人ではない人からもらったこうしたものを、恋人になり結婚しなかった場合、今後使い続けるなんて気持ち悪くてできないからです。

 

キャバクラ嬢(ホストに入れ替えても可)が、客から貢がれたものを使い続けることはないですよね。そのまま、大○屋などへもっていき換金して終了です。

 

この段階で贈るものは「消え物」です。消え物とは使ってなくなる消耗品になります。いくらあっても困らないもので、消費してなくなるもの。生鮮品以外です。

 

男性→女性に贈るとしたら

・基礎化粧品(乳液や化粧水)

・脂とり紙

・焼き菓子

 

などです。香水は相手が使わないブランドかもしれませんのでNGです。これなら、例えご縁がなかったとしても、もらって嫌な気持ちにはなりません。「自分では買わないけど、もらうとうれしいもの」がポイントです。

 

間違っても生活雑貨は贈らないようにしてください。「献血した記念品か?」と思われてしまいます。

 

誕生日の食事はちょっと高めのお店でOKです。10000円のコースなどはこの段階では不要です。デザートプレートを付けてくれるお店が多いので、事前に打診してみましょう。

この段階での誕生日を無視してしまうと大幅減点になります。相手は「自分の誕生日に気づいてくれるはず」と思っています。だから、気の利いたプレゼントやデザートプレートの準備で

 

真剣交際ならば高いものもあり

 

真剣交際(恋人関係)になっていれば、結婚を前提にしたお付き合いなので高いものでも大丈夫です。婚約指輪はプロポーズの際に贈るものですので、そうではないもの。1万円~2万円くらいの何か形に残るものでいいと思います。

 

消え物でも大丈夫ですが、グレードを上げてみましょう。

脂とり紙1つにしても

 

オルビス 1800円

Chanel 3700円

 

と全く違います。Chanelの消え物なら、この段階でも相手は喜ぶはずです。もちろん、豪華ディナーコースを食べながらでかまいません。

 

マツケンの場合

 

私の場合どうだったかを最後に書いておきます。

 

お見合いが7月の下旬で、ほぼ1か月後に妻の誕生日がありました。交際成立後、2回目のデートを誕生日近くに設定しました。

 

当日は下北沢のカジュアルフレンチのお店のコースを予約。バースデーデザートプレートも準備します。当日はお店のほうで、突然照明を消して「ハッピーバースデー♬」を流していただきました。妻は喜んでくれました。

 

プレゼントは、小田急百貨店の地下のコスメショップで買った「脂とり紙」と化粧水で3000円くらいだったと思います。

 

結果的に誕生日イベントはうまくいき、そこから20日後、真剣交際となりました。

 

逆に私の誕生日(1月)は成婚退会(前年12月)後でしたので、妻から伊豆の旅行(1泊2日)をプレゼントされました。その時の宿泊費は聞いていませんが、特別室で10万円くらいしたのではないでしょうか?

 

もちろん、成婚退会後なので「宿泊を伴う旅行」はまったく問題ないわけです。

 

誕生日のポイント

 

・好感度アップの絶好の機会なので交際相手の誕生日はチェックする

・真剣交際前ならばプレゼントは「消え物」にする

・真剣交際後は高いものもOK

・バースデーデザートプレートなどサプライズ演出も可能